[ウェビナー11/30より開催]人材の見える化が、コミュニケーションを強化する!成長を支える人材活用の方法とは?

ある日クライアント先で、Office 365 のアクセス制御について相談を受けたとします。しかし自分にはそこまでの知識がない…。社内の誰かに相談にしようにも適任を見つけるのは至難の業…。そんな時に社員のスキルセットが検索できる『ピープル』が役立ちます。
スキルや専門知識・経験や得意分野をキーにして、これまで繋がりのなかった他部門や他拠点のメンバーともコミュニケーションが進んでいきます。また、企業が人材の能力を把握できるためタレントマネジメントもサポートし、社員のモチベーション向上にも繋がっていきます。

●顔写真で分かる社員検索ツールを探している。
●社員それぞれの得意分野やスキルセットの情報共有でコミュニケーションを促進したい。
●リーダーの素質がある人材に、リーダー育成プログラムを案内した

■申し込みはこちらから
■参加費: 無料

 

[ウェビナー11/16より開催]組織に一体感を出す!タイムリーな社内ニュース配信で、社員間の情報格差を解消

当然知っていると思って同僚に仕事の相談をしたら、実は前提の情報が全然理解されていなかった…という事ってありませんか?
働き方改革が叫ばれ、リモートワークなどの多様な働き方が取り入れられる一方で、顔を合わせる機会が減った従業員の間での「情報格差」が新たな課題となりつつあります。
本ウェビナーでは、ディスカバリーズの新しい製品であるengauge.worksで提供している『タイムライン』をデモンストレーションで詳しくご紹介します。
情報格差の問題を解消して、従業員の働く意欲を高める仕組みと仕掛けは「組織の一体感」を醸成して、「従業員エンゲージメント」の向上につながります。

● 社内ニュースを全ての従業員に届けて、情報共有を進めたい
● 社員を任意のグルーグで分けて、ニュースを配信したい。例えば、
→2018年度の新入社員だけにオリエンテーションの案内を配信
→重要なニュースを未読の従業員にのみ、リマインドメールを配信
● 社内ニュースに反応する社員と、そうでない社員を把握して、アクションを取りたい。

■申し込みはこちらから
■参加費: 無

チームのエンゲージメントの高めるアプリ「エンゲージ・ドットワークス」正式版を提供開始

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、チームのエンゲージメント向上を支援するアプリケーション、「engauge.works(以下エンゲージ・ドットワークス)」の正式版を2018年5月9日より提供開始します。

「エンゲージ・ドットワークス」は、従業員の特性や多様な価値観を把握し、⼀⼈ひとりに合わせた情報を提供することで、業務の⽣産性を⾼め、イキイキと働き、イノベーションが⽣まれるプラットフォームとなることを⽬指しています。 今後、人工知能(AI)を活⽤し、一人ひとりの働き⽅にあったレコメンデーション、従業員同士のミートアップ支援、獲得したマイルの活⽤などのサービスも提供予定です。

 

1.開発の背景と思想

「エンゲージ・ドットワークス」で働き方改革の課題解決を支援

働き方改革が推進され、多様な労働環境や契約形態が増える一方で、従業員の共通認識やコミュニケーション不⾜による⽣産性の低下、会社のビジョンや同僚との距離感があることによるモチベーション低下、会社への信頼低下による離職率の増加といった課題も⽣まれています。

「エンゲージ・ドットワークス」は、従業員⼀⼈ひとりに合った情報共有や、ビジョンや経営方針などのメッセージ浸透を行うことによって、従業員が自ら行動する意欲を後押しします。さらに従業員同士のコミュニケーションやコラボレーションの活性化を図り、エンゲージメントを高めることを目指します。

また従業員ごとにチームへの貢献を評価し、マイルとして可視化されることで、⼈材のポテンシャルや組織のパフォーマンスを引き出します。これらを通じて、従業員価値の最大化、従業員満足の向上、イキイキと働ける環境の実現により、組織におけるイノベーションの創出を支援します。

2.主な機能と付加価値

(1) 情報共有「Timeline」

「Timeline」では簡単な操作で、社内のニュースを写真や動画を含んだリッチコンテンツを投稿できます。記事を受信する従業員は既読・未読の管理や、お気に入り情報のクリップ、同僚とのシェアなどアクティブに活用できます。

最も効果的なタイミングやメッセージで、情報発信などの働きかけを自動で行う「マーケティング・オートメーション」を、従業員に対して展開します。例えば、社歴の浅い従業員や特定の記事をまだ読んでいない従業員だけにお知らせを配信するなど、きめ細かなコミュニケーションが可能です。

・経営層は、従業員の属性や行動・活動(エンプロイジャーニー)に合わせた戦略的な情報発信ができるので、自発的なアクションの喚起が期待できます。

・従業員は、自分に必要な情報をプッシュ型で受信でき、組織や同僚の情報をタイムリーに把握できます。

(2) 従業員検索「People」

「People」ではスキルや得意分野などが検索でき、登録情報は自身で追加・更新できます。顔写真で直感的に探せて、メールやチャットと連動し素早いコミュニケーションが可能です。

・経営層は、行動履歴や成果などを蓄積し、従業員のニーズ・価値観の把握、人材配置に活用できます。

・従業員は、個々の強みを自ら発信したり調べたりできるので、コミュニケーションのきっかけができ、コラボレーションがしやすくなります。

(3) 活動を可視化する「Mileage」

「Mileage」は、「エンゲージ・ドットワークス」を活用すると蓄積される独自のマイルです。

・経営層は、従業員の付加価値がマイルとして可視化されるため、エンゲージメントレベルやポテンシャルの維持・向上に活用できます。

・従業員は、情報活用するたびにマイルの蓄積するため、自発的なアクションを継続的に行うモチベーションとなります。

 

  1. 料金プラン

クラウドサービスとして提供し、一人あたり600円/月 で全ての機能をご利用いただけます。

 

・「エンゲージ・ドットワークス」 Webサイト www.engauge.discoveries.co.jp

 

ディスカバリーズ について

ディスカバリーズは、イノベーションをもたらす「働く場」を実現するため、職場でのコミュニ ケーションの活性化からチームのエンゲージメントを⾼めるサービスを提供しています。個⼈ の⽣産性を⾼めるだけではなく、異なる所属部⾨でも⼀緒に働くチームの中でコミュニケーシ ョンを図り、相互に貢献しあう(=エンゲージメント)働き⽅の実現を⽀援しています。 2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディスカバリーズが ⽀援した導⼊企業の総社員数は 2017年時点で100万⼈以上におよび(※)、顧客満⾜度 93%の実績があります。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていくことをビジョンとして掲げています。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

 

・ディスカバリーズ株式会社 Webサイト           www.discoveries.co.jp

タイムラインのターゲティング機能を強化

社歴の浅い従業員や、特定の記事をまだ読んでいない従業員など、配信先を限定(ターゲティング)してお知らせを配信するなど、きめ細かなコミュニケーションが可能になりました。

タイムライン投稿者のプロファイル表示

タイムラインに投稿された記事の作成者をクリックすると、作成者の部署や役職、スキルや興味エリアといったプロパティ情報が表示されるようになりました。

人・組織を効率よくつなぐ社員検索機能「People」を追加

エンゲージ ベータ版に、新たに社員検索機能「People」を追加し、2017年12月14日(木)より提供開始します。

今回新たに追加した「People」の主な機能は以下の通りです。
「People」の主な機能

(1) 社員のスキルや経験が一目瞭然

  • 社員情報は所属などの基本項目のほかに、スキルや得意分野、自己紹介などが含まれます。任意のキーワードで検索すれば、自分が必要としている社員が見つかります。
  • 表示形式はリスト、サムネイル、顔写真形式から選択できます。
  • プロパティ情報は自分でいつでも追加・更新でき、利用者は最新情報を検索できます。

 

(2) 人や組織をすばやく検索

  • 組織やチームのメンバーが顔写真付きで一覧できるので、直感的に利用できます。
  • また会議などの前に出席者の情報を検索しておけば、初対面でもスムーズに話が進みます。
People

 

(3) すばやくコンタクトして機会損失を防ぐ

  • 検索結果から1クリックでメールやチャットが立ち上がり、すばやくコンタクトできます。スピードが求められる大事な場面での機会損失を防ぎます。
  • Timeline(※)に掲載された記事内容から、投稿した社員の情報をPeopleで確認しコンタクトするといったように、エンゲージ内で連携した操作が可能です。
    ※Timeline:ニュースやイベント情報などが投稿・表示されるエンゲージの情報共有機能

 

(4) 既存の社員情報との連携

  • Azure Active Directoryにある社員情報を、インポートして取り込むことができます。
  • 既存の社員情報管理システムから出力した情報をもとに、CSV形式として取り込むことができます。

 

(5) 組織に合わせてカスタマイズできる

  • 組織の構成や社員情報として設定したい項目は、企業によってさまざまです。社員情報として自動入力する項目や、個人が入力する項目、その表示順など、その組織に一番適した連絡先表示を作成できます。

 

「エンゲージ」は、ベータ期間中は無償でご提供してユーザー様からのフィードバックを収集させていただき、ご意見を取り込ませていただきます。そのためベータ版の期間中には、機能の仕様に変更や、一時的に不具合が生じる場合があることをご了承ください。正式リリースに向けてより良いサービスにすべく、アップデートしていきます。

エンゲージのベータ版のご利用は、こちらからお申し込みください。:http://www.engauge.works/