タイムラインのターゲティング機能を強化

社歴の浅い従業員や、特定の記事をまだ読んでいない従業員など、配信先を限定(ターゲティング)してお知らせを配信するなど、きめ細かなコミュニケーションが可能になりました。