アプリケーションの登録

以下の画面が表示されます。「アプリの登録」を選択して、「新しいアプリケーションの登録」をクリックします。

 

アプリケーション登録画面になります。名前とサインオンURLは以下の情報を登録して、『作成』ボタンを押します。

名前:User on Azure AD
サインオン URL : https://manage.engauge.works/

アプリケーションが登録できた画面です。アプリケーションIDを取得します。表示名の「User on Azure AD」をクリックします。

a) アプリケーション IDの取得

アプリケーションの詳細が表示されます。アプリケーションIDが全て表示されるのでコピーします。

次は必要なアクセス許可をクリックします。

次は『追加』を押して、『1 APIを選択します』をクリックします。

「Microsoft Graph」を選択して、『選択』をクリックします。

「アクセスの有効化」画面の「アプリケーションのアクセス許可」の項目より、「Read directory data」にチェックして、『選択』をクリックします。

最後に『完了』ボタンを押します。

「Windows Azure Active Directory」を選択します。

Windows Azure Active Directoryの「アクセスの有効化」画面で、「Read directory data」と「Sign in and read user profile」をチェックして、保存します。

保存出来たら、以下の画面に戻って、『アクセス許可の付与』をクリックします。

以下のメッセージが表示されたら【はい】を選択します。「アプリケーション User on Azure AD のアクセス許可が正常に付与されました」と言う通知が表示されたら、「必要なアクセス許可」画面を閉じます。

b) AppKeyのキーの取得

次に、「AppKey:キー値」を作成します。以下の画面で、『キー』ボタンをクリックします。

説明:Key
有効期限: 【期限なし】を選択します。
ヘッターメニューより【保存】をクリックします。

生成された「キー値」が「アプリキー」になります。コピーして、テキストファイルに保管します。

※一度画面遷移すると、キー値は非表示「Hidden」となるので、ご注意ください。

c) ディレクトリ IDの取得

Azure Active Directoryをクリックして、プロパティを選択して、ディレクトリIDの情報が表示されます。

ディレクトリIDをコピーします。